今月のニュース

学校安全に関する全国の取組や、文部科学省からのお知らせなどをご紹介します。

令和元年5月号

職員だより

文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課

5月の学校安全の取組について

 新年度がスタートして、およそ1か月が経ちました。朝、スクールガードの方々が見守る中、子供たちが友達と楽しそうに登校している姿をみかけます。子供たちが元気に家を出て、学校から無事帰宅する。この当たり前の日常が、自然災害や様々な事件・事故災害に遭遇すると、いかに大切かを思い知らされます。そして、学校が児童生徒等の尊い命を預かっているということを痛感します。

 さて、各学校では、「学校安全計画」に基づいて、安全教育や安全点検、職員研修等に取り組んでいることと思います。各学校での5月の学校安全の計画はどのようになっているでしょうか。

 警察庁交通局の資料によると、平成26年から平成30年に発生した歩行中の児童の交通事故の特徴として、小学校1年生の歩行中死者・重症者数は6年生の約3.6倍であること。1年生の第一のピークは5月中・下旬(下校中及び私用)で、歩行中の死者・重傷者の約4割は飛び出しが原因であることなどがあげられています1)。また、平成25年から平成29年に発生した中学生・高校生の交通事故の特徴として、中学生・高校生は、自転車乗車中の交通事故が多く、その死傷者は、小学校6年生から中学校1年生で倍増し、高校1年生が最多であること。中学生・高校生の自転車乗車中の交通事故は、登校中・下校中、出会い頭事故が多く、出会い頭のうち交差点での衝突や安全不確認を原因とする事故が多いことなどがあげられています2)。このようなデータも踏まえながら、各学校での通学路の安全点検や交通安全教育が適切に行われているかどうかを確認することが重要です。さらに、4月の児童生徒等の通学の様子や、児童生徒等から得られたヒヤリハットの情報を基に、自校の交通安全の取組が適切に行われているかどうかをチェックし、不足している事項があれば、通学路の安全点検や交通安全の指導を補うことも大切です。

 「学校安全計画」における5月の職員研修については、「熱中症予防に関する研修」を計画している学校も多いことと思います。日本スポーツ振興センターの調べによると、昨年度の学校の管理下における熱中症の発生件数は、一昨年度に比べおよそ2000件増加しています(下の表参照)。そして、昨年の7月には、愛知県の小学生が校外学習後に熱中症により死亡するという痛ましい事故も起きています。熱中症予防への対応については、常日頃から各学校の実情に応じてしっかり取り組んでいることが重要です。
 熱中症予防については、「学校の危機管理マニュアル作成の手引き」(平成30年2月文部科学省)のほか、「熱中症を予防しようー知って防ごう熱中症ー」(平成26年3月独立行政法人 日本スポーツ振興センター)及び「教材カード」(独立行政法人 日本スポーツ振興センター)、「学校における体育活動中の事故防止のための映像資料」(平成26年3月文部科学省)、「体育活動における熱中症予防」「調査研究報告書」「熱中症環境保健マニュアル」(平成30年3月改訂環境省)等の参考資料があります。本ポータルサイトでも熱中症に関わる資料を掲載しています。熱中症予防の職員研修では、これらの資料を活用し教職員が事前の対策や事故発生時の対応を適切に行うことができるよう、全職員で共通理解しておくことが大切です。その際、児童生徒等が実際に不調を感じた際にはその旨を申告することや、他の児童生徒等の不調に気付いた場合にはすぐに教職員に伝えるようにすることなど、児童生徒等自身が熱中症について理解しておくことも重要です。

 児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには、児童生徒等の安全が確保されることが不可欠です。そのためには、日々の学校安全に関わる活動の中で、適宜チェックし見直しながら行っていくことが重要です。「学校安全計画」の5月の予定を全教職員で取り組むととともに、不足している点があれば、点検や指導を補いながら学校安全の充実を図っていきたいものです。

注釈

1)
詳細は、平成31年4月12日付け事務連絡「児童生徒等の通学時の安全確保について」の別添「歩行中児童の交通事故の特徴等について」(平成31年3月28日警察庁交通局)を参照。
2)
詳細は、平成30年4月23日付け事務連絡「児童生徒等の通学時の安全確保について」の別添「児童生徒の交通事故」(平成30年3月22日警察庁交通局)を参照。

学校の管理下における熱中症の発生状況

  平成28年度 平成29年度 平成30年度
幼稚園 15 7 17
小学校 451 408 579
中学校 1,992 2,038 2,912
高等学校 2,216 2,467 3,554
高等専門学校 20 20 20
4,694 4,940 7,082

(独立行政法人日本スポーツ振興センター調べ)

※上記は、学校の管理下における熱中症に対して医療費を支給した件数である(平成30年度は速報値)

バックナンバー

平成31年4月号

「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」【改訂2版】発行について 平成31年3月、各学校及び各教育委員会に、改訂した学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」を送付しました。

平成31年2月号

「平成30年度「学校安全総合支援事業」全国成果発表会レポート」 1月31日(木)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、全国の学校安全の関係者約130名が参加し、「平成30年度『学校安全総合支援事業』全国成果発表会」が開催されました。

平成30年7月号

「平成30年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/「健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」。6月7日(木)、8日(金)の2日間、全国の健康教育・食育行政の担当者が集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成30年6月号

「熱中症を予防するために」今年は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込みです。暑くなるこの時期は、身体がまだ暑さに慣れていないため、急に暑くなる日などは特に、熱中症を発症しやすいため注意が必要です。

平成30年1月号

「ぎゅっとぼうさい博!2018 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~を開催!」展示もセミナー等もアクティビティも全て倍増してパワーアップ!/「学校安全計画・危機管理マニュアルの策定・見直しについて」学校保健安全法においては「学校安全計画」及び「危険等発生時対処要領(以下、「危機管理マニュアル」という。)」の策定が義務付けられています。

平成29年12月号

全国学校保健・安全研究大会レポート 11月16日(木)、17日(金)の2日間、三重県総合文化センターにて、全国の学校保健・学校安全の関係者約1,300名が参加し、「生涯にわたり心豊かにたくましく生きる子供の育成」を目的とした「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。

平成29年11月号

11月5日は「世界津波の日」です。平成27年3月に仙台市で行われた第3回国連防災世界会議において、我が国では11月5日を「津波防災の日」と定めて啓発活動を行っていることを紹介し、世界中の防災意識の向上のために「世界津波の日」を制定することを提案しました。

平成29年10月号

学校安全指導者養成研修 9月11日(月)~15日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構において、学校安全指導者養成研修が行われました。

平成29年8月号

平成29年安全功労者内閣総理大臣表彰と防災週間(8月30日から9月5日)
毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成29年7月号

「平成29年度 健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。
「急な大雨や雷・竜巻等への対応」急な大雨や台風等による洪水や高波、土砂災害、雷・竜巻等による被害は毎年のように発生しています。

平成29年5月号

「熱中症を予防するために」ゴールデンウイーク期間を皮切りに、既に全国各地で熱中症の被害が発生しています。
「5月は「自転車月間」です! ~被害者にも加害者にもならない~」毎年5月を「自転車月間」として定め、自転車の安全に関するキャンペーンを行っています。

平成29年3月号

「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」の答申を頂きました。児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには安全な環境を整えるとともに、児童生徒等自身に様々な状況下において、自らの命を守る力や安全で安心な社会づくりに貢献する力を育成することが重要です。

平成29年2月号

「ぎゅっとぼうさい博!2017 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」を開催します!/「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」成果発表会について/学校現場で使える防災啓発動画(内閣府制作)について

平成29年1月号

通学路の交通安全の確保の徹底について。登下校中の児童等が被害に遭う交通事故が依然として発生しており、交通安全確保のための取組の推進が必要となっています。

平成28年12月号

本ポータルサイトは本年4月より運用を開始し、内容の充実を図ってきました。この度、全国の学校安全関係者にとって使いやすいサイトを目指し、トップページの構造をリニューアルしました。

平成28年11月号

津波防災に関する意識向上や、適切な避難行動の定着を図るため、11月5日津波防災の日にあわせて、内閣府による啓発イベント「東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~」が実施されます。

平成28年10月号

文部科学省が後援する防災関連のイベントの一部を紹介いたします。
・2016年度防災教育交流フォーラム(開催日:平成28年10月15日(土)16日(日))
・「世界津波の日」高校生サミットin黒潮(開催日:平成28年11月25日(金)26日(土))

平成28年9月号

①熱中症に御注意ください!
今夏も連日猛暑日が続き、全国各地で熱中症の被害が発生しました。
②落雷に御注意ください!
統計から落雷は、7、8月に発生件数が増加する傾向がありますが、年間を通じて発生するものであり、まだまだ注意が必要です。

平成28年8月号

「平成28年 安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成28年7月号

「健康教育行政担当者連絡協議会レポート」全国の健康教育・食育行政の担当者 約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成28年6月号

“職員だより”では、今年度実施する「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」及び「学校安全教室推進事業」を紹介します。