今月のニュース

学校安全に関する全国の取組や、文部科学省からのお知らせなどをご紹介します。

令和2年9月号

職員だより

文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課

  9月1日は「防災の日」です。また、8月30日から9月5日までは防災週間です。
  近年、日本各地で豪雨災害や土砂災害による大きな被害が出ています。激甚化・頻発化する自然災害から命を守るには、地域の地形の特徴や過去の自然災害について学び、災害を「自分ごと」として捉えることが重要です。今回は、地域の災害リスクを自然に体感できる「段ボールジオラマ」と、行政機関等が作成した防災資料を活用した授業実践をご紹介します。

楽しみながら居住地域の地形や災害リスクを自然に「体感」できる、段ボールジオラマ

  一般社団法人 防災ジオラマ推進ネットワークが提供する「段ボールジオラマ」は、自分の住んでいるエリアの地図が印刷された段ボールが等高線に沿って取り外せるように作られています。それらのパーツをパズル感覚で積み重ねて、子供でも簡単に組み立てられるジオラマキットです。誰にでもわかりやすいジオラマを自分の手で組み立てることで、楽しく身近な入口から、防災感覚を育てることができます。

<基本的な流れ>

基本的な流れ

●自分の手で組み立てるから興味を持つ

(組み立て作業自体は1時限あれば可能)

  型抜きされたパーツを台紙から外して積み上げていくと、ベースの地形が完成します。自らが作業することで高低差を”体感”できるだけでなく、「自分ごと化」するためのハードルをぐっと下げることができます。


●立体だから、危ない場所も直感的にわかる

  ハザードマップやまち歩きなどの情報をもとに、色を塗ったり旗を立てたり、危険箇所や避難所の位置などをジオラマに落とし込めば、オリジナルの防災マップができます。どの辺りが危なそうか? なぜ危ないのか?を直感的に理解できるのも、立体ならではのメリットです。


●活用はさまざまなシーンで。水を流せるタイプも

  総合的な学習の時間などの授業はもちろん、PTAや地域とのイベントなどでも活用されており、枠に戻して繰り返し組み立てることも可能です。目的によって仕様の相談もでき、あらかじめカラー印刷されたものや、スチレンボード製で水を流せるタイプなどもあります。社会や理科の授業などでも活用できそうです。
  範囲やサイズはオーダーメイドで、費用は地形などにより5~15万円程度とのことです。

(カラー版)
(水を流せるタイプ)

  防災ジオラマ推進ネットワークの上島代表は、東日本大震災からの数年間を過ごす中で、あれだけの経験を経てもなお、自身も含めて「防災行動へのハードル」を下げるのは容易ではないと感じたといいます。防災にこだわらない入口で、防災に留まらない用途で、楽しみながらジオラマに触れることを通じて、結果として防災感覚を身につけてもらえたらと、この活動を続けているということです。

  段ボールジオラマに係る費用は文部科学省・学校安全総合支援事業の経費で支出することも可能です。都道府県・指定都市教育委員会におかれては同事業における活用もご検討ください。


行政機関等が作成した防災資料を活用した、小学校4年生における防災教育の実践(埼玉県坂戸市立入西小学校)

  令和元年の台風第19号により初めて学校が避難所になり、自身も避難が必要になったりすることを経験した小学校教諭の方からお話を伺いました。その時、自身がどのように避難すればよいのか、また、避難先でどう過ごせばよいのか知らないことに気づき、防災教育の必要性を強く感じたそうです。
  小学校では、令和2年度から新学習指導要領が全面実施され、その中には、防災教育につながる事項が具体的に書かれています。

  現在担任されている4年生の学習内容と結び付け、児童に「自分の命は自分で守る」ことを考えてもらえるよう授業実践した様子をご紹介します。

<学習内容>

  社会科の「自然災害からくらしを守る」の単元で、水害を中心とした内容に構成。学習のめあては「自分の命は自分で守ること」を自分ごととして捉え、考えられることに設定。理科の「雨水の行方と地面の様子」の単元とも関連付け、雨が降った時の大地の様子から、水が高いところから低いところへ流れること、水のしみ込み方は土の粒の大きさによって違いがあることを教科横断的に学ぶ。

<授業の進め方>

学習内容と参考資料
〇自然災害って何だろう?
 自然災害の種類と予想される被害を列挙し、自分のまちについて書かれた坂戸市教育委員会作成の社会科副読本を参考にしながら、起こり得る災害を確認し、「水害から身を守るためにはどうすればよいか」という課題を設定
〇水害の様子や防災・減災のための方法を知る
 NHK for school 動画「よろしく!ファンファン[社会小4]」を見ながら、水害の様子や、水害から身を守るためにできることを学習
 昨年度から運用が開始された5段階の警戒レベルについては、内閣府の資料映像(水害編)警戒レベルに関する映像資料を見ながら学習
3 〇ハザードマップの見方を知る
 学区の水害ハザードマップを児童に配布。自宅に印をつけ、浸水想定の高さと、自分はどこの避難所に行くのがいいかを確認
〇マイ・タイムラインをつくる
 坂戸市のHP「マイ・タイムラインをつくろう」を見ながら、マイ・タイムラインを作成。ハザードマップとマイ・タイムラインは自宅に持ち帰り、家の人とも話すように伝える
〇自分のまちの取組を知る
 学校の防災備蓄倉庫の見学をしたり、市のHPを見ながら、防災アプリや安心・安全メール、防災無線など、様々な取組をしていることを知る
〇気象のプロから防災方法を学ぶ
 気象研究所の研究官が解説する NHK for school 動画「学ぼうBOSAI[総合小5~6・中]」を見ながら、空の変化に気づくこと、テレビのニュースや天気予報を見て最新の情報を集めることを確認
〇家庭でできる備えを考える
 家に備蓄しておきたいもの、非常用持ち出しバッグに入れておきたいもの、家を安全にするもの等にグルーピング
〇振り返り
 気象庁のe-ラーニング教材「大雨のときにどう逃げる?」を見ながら、自分のまちで災害が起きた時の避難行動を確認

<授業の様子>

  今回の授業を行った担任教諭によると、子供たちは、令和元年台風第19号、令和2年7月豪雨の被害の大きさから、防災の大切さを教科書上のこととしてではなく、現実のこととして受け止め考えているそうです。今後は、引き続き関連ある単元で教科横断的に防災教育を行うとともに、市の防災担当職員をゲストティーチャーに招いて市の取組について学ぶことができる機会を設けたり、家庭を巻き込んだ取組を行うなどして、4年生の防災教育を確立することを目標としたいということです。


バックナンバー

令和2年8月号

「令和2年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/「チーム学校安全 リレー寄稿①~大分県教育委員会における学校安全の取組~」今月の「職員だより」から「チーム学校安全 リレー寄稿」をスタートいたします。/第17回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール作品募集について

令和2年7月号

「新しい生活様式」と熱中症事故の防止について 5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。/「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」が決定されました 6月11日に、性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議において「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」が決定されました。

令和2年6月号

「学校教育活動再開時の安全上の課題と自然災害への備えについて」令和2年5月14日、39県の緊急事態宣言が解除となりました。地域によっては感染拡大の状況を踏まえながら、段階的に学校教育活動が再開されてきています。通常とは大きく異なる状況において、様々な安全上の課題が考えられます。

令和2年5月号

新型コロナウイルス感染症への対応並びに「学校安全の推進に関する計画に係る取組状況調査〔平成30年度実績〕」の結果について

令和2年4月号

「学校安全に関するe-ラーニング教材について」文部科学省は、教職員を志す学生から管理職までのキャリアステージ別に、学校安全に関して習得しておくべき事項を整理するとともに、各学校・教育委員会の研修や大学の講義等で活用できるe-ラーニング教材「教職員のための学校安全e-ラーニング」を開発しました。

令和2年3月号

「地域との連携・協働による学校安全の事例紹介」令和元年度「学校安全総合支援事業」全国成果発表会では、学校安全の推進において『地域との連携』がキーワードになっているとあらためて感じたところです。生活安全、交通安全、災害安全のそれぞれの分野から、地域との連携・協働に取り組んでいる事例をご紹介します。

令和2年2月号

令和元年度「学校安全総合支援事業」全国成果発表会レポート 1月31日(金)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて「令和元年度『学校安全総合支援事業』全国成果発表会」を開催し、全国の学校安全の関係者約130名が参加しました。

令和2年1月号

「地域との連携・協働による学校安全の推進について」 文部科学省では、地域と学校の連携・協働体制の構築を目指し、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)と地域学校協働活動を一体的に推進しています。

令和元年12月号

令和元年度「全国保健・安全研究大会」レポート 11月21日(木)、22日(金)の2日間、「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。/大学教育における学校安全の学びの充実に向けて 東日本大震災の被災地にある岩手大学と宮城教育大学において、学校安全に関するシンポジウムが開催されました。

令和元年11月号

「台風第19号災害について」令和元年台風第19号における被災地域の児童生徒等の就学機会の確保等について/「子供の見守り活動の推進について」令和2年度、「地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業」においてスクールガード・リーダーを増員することとしています。

令和元年10月号

令和元年度「学校安全指導者養成研修」レポート 9月9日(月)~13日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構(通称:NITS)において、「学校安全指導者養成研修」が行われました。

令和元年9月号

「交通安全の取組について」 今年も秋の全国交通安全運動が9月21日(土)から9月30日(月)までの10日間実施されることとなりました。

令和元年8月号

「令和元年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/【令和元年夏休み特別号】「地域ぐるみの学校安全体制整備事業」の追加募集を行います。

令和元年7月号

令和元年度「健康教育・食育行政担当者連絡協議会」レポート 5月30日(木)、31日(金)の2日間、全国の健康教育・食育行政の担当者、約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、学校安全を含む健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

令和元年6月号

「6月の学校安全の取組について」 園児の安全確保について、これまでも格段のご尽力をいただいているところですが、令和元年5月10日付け事務連絡を通して、幼稚園及び特別支援学校幼稚部における安全管理の徹底について改めてお願いしたところです。

令和元年5月号

「5月の学校安全の取組について」 各学校では、「学校安全計画」に基づいて、安全教育や安全点検、職員研修等に取り組んでいることと思います。各学校での5月の学校安全の計画はどのようになっているでしょうか。

平成31年4月号

「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」【改訂2版】発行について 平成31年3月、各学校及び各教育委員会に、改訂した学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」を送付しました。

平成31年2月号

「平成30年度「学校安全総合支援事業」全国成果発表会レポート」 1月31日(木)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、全国の学校安全の関係者約130名が参加し、「平成30年度『学校安全総合支援事業』全国成果発表会」が開催されました。

平成30年7月号

「平成30年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/「健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」。6月7日(木)、8日(金)の2日間、全国の健康教育・食育行政の担当者が集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成30年6月号

「熱中症を予防するために」今年は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込みです。暑くなるこの時期は、身体がまだ暑さに慣れていないため、急に暑くなる日などは特に、熱中症を発症しやすいため注意が必要です。

平成30年1月号

「ぎゅっとぼうさい博!2018 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~を開催!」展示もセミナー等もアクティビティも全て倍増してパワーアップ!/「学校安全計画・危機管理マニュアルの策定・見直しについて」学校保健安全法においては「学校安全計画」及び「危険等発生時対処要領(以下、「危機管理マニュアル」という。)」の策定が義務付けられています。

平成29年12月号

全国学校保健・安全研究大会レポート 11月16日(木)、17日(金)の2日間、三重県総合文化センターにて、全国の学校保健・学校安全の関係者約1,300名が参加し、「生涯にわたり心豊かにたくましく生きる子供の育成」を目的とした「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。

平成29年11月号

11月5日は「世界津波の日」です。平成27年3月に仙台市で行われた第3回国連防災世界会議において、我が国では11月5日を「津波防災の日」と定めて啓発活動を行っていることを紹介し、世界中の防災意識の向上のために「世界津波の日」を制定することを提案しました。

平成29年10月号

学校安全指導者養成研修 9月11日(月)~15日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構において、学校安全指導者養成研修が行われました。

平成29年8月号

平成29年安全功労者内閣総理大臣表彰と防災週間(8月30日から9月5日)
毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成29年7月号

「平成29年度 健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。
「急な大雨や雷・竜巻等への対応」急な大雨や台風等による洪水や高波、土砂災害、雷・竜巻等による被害は毎年のように発生しています。

平成29年5月号

「熱中症を予防するために」ゴールデンウイーク期間を皮切りに、既に全国各地で熱中症の被害が発生しています。
「5月は「自転車月間」です! ~被害者にも加害者にもならない~」毎年5月を「自転車月間」として定め、自転車の安全に関するキャンペーンを行っています。

平成29年3月号

「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」の答申を頂きました。児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには安全な環境を整えるとともに、児童生徒等自身に様々な状況下において、自らの命を守る力や安全で安心な社会づくりに貢献する力を育成することが重要です。

平成29年2月号

「ぎゅっとぼうさい博!2017 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」を開催します!/「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」成果発表会について/学校現場で使える防災啓発動画(内閣府制作)について

平成29年1月号

通学路の交通安全の確保の徹底について。登下校中の児童等が被害に遭う交通事故が依然として発生しており、交通安全確保のための取組の推進が必要となっています。

平成28年12月号

本ポータルサイトは本年4月より運用を開始し、内容の充実を図ってきました。この度、全国の学校安全関係者にとって使いやすいサイトを目指し、トップページの構造をリニューアルしました。

平成28年11月号

津波防災に関する意識向上や、適切な避難行動の定着を図るため、11月5日津波防災の日にあわせて、内閣府による啓発イベント「東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~」が実施されます。

平成28年10月号

文部科学省が後援する防災関連のイベントの一部を紹介いたします。
・2016年度防災教育交流フォーラム(開催日:平成28年10月15日(土)16日(日))
・「世界津波の日」高校生サミットin黒潮(開催日:平成28年11月25日(金)26日(土))

平成28年9月号

①熱中症に御注意ください!
今夏も連日猛暑日が続き、全国各地で熱中症の被害が発生しました。
②落雷に御注意ください!
統計から落雷は、7、8月に発生件数が増加する傾向がありますが、年間を通じて発生するものであり、まだまだ注意が必要です。

平成28年8月号

「平成28年 安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成28年7月号

「健康教育行政担当者連絡協議会レポート」全国の健康教育・食育行政の担当者 約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成28年6月号

“職員だより”では、今年度実施する「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」及び「学校安全教室推進事業」を紹介します。