今月のニュース

学校安全に関する全国の取組や、文部科学省からのお知らせなどをご紹介します。

平成29年11月号

職員だより

文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課

11月5日は「世界津波の日」です。

 平成27年3月に仙台市で行われた第3回国連防災世界会議において、我が国では11月5日を「津波防災の日」と定めて啓発活動を行っていることを紹介し、世界中の防災意識の向上のために「世界津波の日」を制定することを提案しました。その後、日本が中心となって各国に働きかけを行い、平成27年12月の国連総会において、世界142ヶ国が共同で提案し、「世界津波の日」が制定されました。

 11月5日の「世界津波の日」に合わせて、津波防災への啓発活動が世界的に展開されることが期待されており、その結果、津波から1人でも多くの尊い命が救われることが望まれています。

※「津波防災の日」は、東日本大震災を教訓として、津波対策を総合的かつ効果的に推進するため平成23年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」に規定されている。嘉永7年(1854年)11月5日の安政南海地震による津波の際、村人が自ら収穫した稲わらに火を付けていち早く危険を知らせ、暗闇の中で逃げ遅れていた人たちを高台に避難させて救った「稲むらの火」の逸話に由来している。

津波防災に関連した取組①

 緊急地震速報を活用した避難訓練

 毎年、「津波防災の日」(11月5日)に合わせて、緊急地震速報を活用した避難訓練が全国的に行なわれています。

 気象庁では、中央省庁や自治体、民間企業、学校等に対して、訓練用の緊急地震速報を配信したり、訓練用の動画をHP上に公開したりすることを通して、訓練の機会を提供しています。
 今年は、11月1日10時00分頃に、配信を希望する自治体や企業に対して、訓練用の緊急地震速報を配信し、訓練が実施されています。 このような機会を活用して積極的に訓練に参加し、緊急地震速報が発表された時の適切な対応行動を身に付けるとともに、日頃からの地震や津波への備えの重要性を再認識していただき、普段の行動につなげていただければと思います。

 また、文部科学省の委託事業では、モデルとなっている学校において、緊急地震速報を活用した避難訓練を実施しています。昨年度までの成果報告書を掲載しておりますので、こちらのページを御参照いただき、それぞれの取組事例も参考にすることで、訓練や実際の行動に生かしていただきたいと思います。

※文部科学省では、地震・津波災害をはじめとする防災教育を推進するため、「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」を各都道府県・指定都市に委託し、事業を実施している。

津波防災に関連した取組②

 「世界津波の日」2017高校生島サミットin沖縄
  (開催日:平成29年11月7日(火)8日(水))

 「世界津波の日」制定元年の平成28年11月、次世代を担う世界中の子供たちに津波の脅威と対策について学んでもらうため、高知県黒潮町で、「世界津波の日」高校生サミットin黒潮が開催されました。日本を含む30カ国の高校生が参加し、津波防災についてのフィールドワークや議論を通して、日本の津波の歴史や防災・減災の取組を学び、サミットの成果文書として「黒潮宣言」が採択されました。昨年に引き続き、今年は「世界津波の日」2017高校生島サミットin沖縄として沖縄県で開催します。
 今回のサミットは「“みんなを守りたい” 津波の脅威を知り、備え、いま自分ができること。~万国津梁※1の島から発信する”ゆいまーる※2”の心~」を議論のテーマとして掲げ、世界25ヵ国の高校生約150名と日本の高校生約100名が沖縄に集い、津波の脅威と防災減災の知識について学び合い、“ゆいまーる”の心で、みんなを守るために何を行えばいいのか、自分に何ができるのか、ということについて議論します。

※1「万国津梁」:「国々の架け橋」を意味し、首里城にある鐘に刻印された一節から引用。

※2「ゆいまーる」:「ゆい」は「協働」、「まーる」は「順番」を意味し「助け合い」の精神を表現した沖縄の言葉。

バックナンバー

平成29年10月号

学校安全指導者養成研修 9月11日(月)~15日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構において、学校安全指導者養成研修が行われました。

平成29年8月号

平成29年安全功労者内閣総理大臣表彰と防災週間(8月30日から9月5日)
毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成29年7月号

「平成29年度 健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。
「急な大雨や雷・竜巻等への対応」急な大雨や台風等による洪水や高波、土砂災害、雷・竜巻等による被害は毎年のように発生しています。

平成29年5月号

「熱中症を予防するために」ゴールデンウイーク期間を皮切りに、既に全国各地で熱中症の被害が発生しています。
「5月は「自転車月間」です! ~被害者にも加害者にもならない~」毎年5月を「自転車月間」として定め、自転車の安全に関するキャンペーンを行っています。

平成29年3月号

「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」の答申を頂きました。児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには安全な環境を整えるとともに、児童生徒等自身に様々な状況下において、自らの命を守る力や安全で安心な社会づくりに貢献する力を育成することが重要です。

平成29年2月号

「ぎゅっとぼうさい博!2017 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」を開催します!/「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」成果発表会について/学校現場で使える防災啓発動画(内閣府制作)について

平成29年1月号

通学路の交通安全の確保の徹底について。登下校中の児童等が被害に遭う交通事故が依然として発生しており、交通安全確保のための取組の推進が必要となっています。

平成28年12月号

本ポータルサイトは本年4月より運用を開始し、内容の充実を図ってきました。この度、全国の学校安全関係者にとって使いやすいサイトを目指し、トップページの構造をリニューアルしました。

平成28年11月号

津波防災に関する意識向上や、適切な避難行動の定着を図るため、11月5日津波防災の日にあわせて、内閣府による啓発イベント「東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~」が実施されます。

平成28年10月号

文部科学省が後援する防災関連のイベントの一部を紹介いたします。
・2016年度防災教育交流フォーラム(開催日:平成28年10月15日(土)16日(日))
・「世界津波の日」高校生サミットin黒潮(開催日:平成28年11月25日(金)26日(土))

平成28年9月号

①熱中症に御注意ください!
今夏も連日猛暑日が続き、全国各地で熱中症の被害が発生しました。
②落雷に御注意ください!
統計から落雷は、7、8月に発生件数が増加する傾向がありますが、年間を通じて発生するものであり、まだまだ注意が必要です。

平成28年8月号

「平成28年 安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成28年7月号

「健康教育行政担当者連絡協議会レポート」全国の健康教育・食育行政の担当者 約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成28年6月号

“職員だより”では、今年度実施する「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」及び「学校安全教室推進事業」を紹介します。