今月のニュース

学校安全に関する全国の取組や、文部科学省からのお知らせなどをご紹介します。

令和元年12月号

職員だより

文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課

令和元年度「全国保健・安全研究大会」レポート

  11月21日(木)、22日(金)の2日間、埼玉県さいたま市大宮ソニックシティを会場に、全国の学校保健・学校の安全の関係者約1200名が参加し、「生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力を育む健康教育の推進~主体的に健康課題の解決に取り組み未来を拓く子供の育成~」を主題に掲げ、「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。

<文部科学大臣表彰受賞伝達式の様子>

  21日には、学校保健及び学校安全の普及と向上に尽力し多大な成果をあげた個人、学校及び団体に対する、文部科学大臣表彰の表彰式が行われました。学校安全分野においては、個人部門の2名と学校部門の15校が学校安全表彰を受賞し、20団体が学校安全ボランティア奨励賞を受賞しました。
  受賞者については、下記リンクから御確認ください。

  その後、埼玉大学教育学部 戸部秀之教授より、「子供のインターネット利用と健康」と題した記念講演が行われ、インターネット依存度のセルフチェックシートを用いた授業実践例等を紹介していただきました。
  22日は、各10分科会に分かれて、課題別研究協議会を行いました。
  学校安全については、以下の研究協議会が実施されました。(学校安全領域は、8~10課題となります。)

第8課題 「学校事故防止対策」

研究発表者
日本スポーツ振興センター学校安全部 安全支援課長 田中 文人
宮崎県川南町教育委員会 教育対策監 肝付 正籍
岩手県文化スポーツ部スポーツ振興課 主査スポーツ振興専門員 小野寺 丈晴
講師
学校安全教育研究所代表 明海大学客員教授 戸田 芳雄
指導助言者
全国学校安全教育研究会会長 木間 東平 (東京都葛飾区立柴又小学校校長)

第9課題 「教科等における安全教育」

研究発表者
静岡県立松崎高等学校 教諭 植松 聖陽
熊本県立八代工業高等学校 校長 江藤 義英
埼玉県さいたま市立慈恩寺小学校 教諭 松島 大樹
講師
東北工業大学 教授 小川 和久
指導助言者 宮城県教育庁スポーツ健康課 課長補佐 村岡 太
指導助言者
宮城県教育庁スポーツ健康課 課長補佐 村岡 太

第10課題 「関係機関等との連携による安全の体制整備」

研究発表者
大阪府立中央聴覚支援学校 校長 北口 直樹
埼玉県秩父市立南小学校 主幹教諭 飯島 克行
長野県辰野町立辰野中学校 教諭 堀川 隆義
講師
高知県教育委員会事務局学校安全対策課 企画監 吉門 直子
指導助言者
秋田県教育庁保健体育課 副主幹 安田 知明
<課題別研究協議会の様子>

  各分科会では、安全教育、安全管理、組織活動について、様々な視点からの発表がなされ、その発表に対する熱のこもった協議・検討が行われていました。
  第9課題で研究発表をされた静岡県立松崎高等学校の植松先生とさいたま市立慈恩寺小学校の松島先生は共に初任校での実践を発表いただきました。学校安全を担う若い先生方からたくさんの刺激をいただくとともに、今後の活躍に大きな期待を寄せたいと思いました。
  本研究大会は、全国の学校保健・学校安全の関係者が広く参加できる会となっています。次年度は、令和2年11月12日(木)、13日(金)に富山県富山市で開催される予定です。学校保健・学校安全の取組を推進するため、ぜひ多くの方の御参加をお待ちしています。


大学教育における学校安全の学びの充実に向けて

  本年度の入学生から、教職課程において「学校安全への対応」の学修が必修化されました。大学教育において、学校安全の学びの充実が求められています。そのような中、11月に東日本大震災の被災地にある岩手大学と宮城教育大学において、学校安全に関するシンポジウムが開催されましたので紹介します。

  11月2日(土)、岩手大学において、「教師教育における学校安全の充実―東日本大震災の教訓を生かした防災教育を中心に―」というテーマでシンポジウムが開催されました。基調講演「学校安全学の体系」では、「学校安全」を学問として体系化していくための考え方(試案)についての説明がありました。
  また、学生から授業(フィールドワークを含む)で学んだ、沿岸被災地での防災教育の取組や、防災教育を推進するために教師として必要なこと等について発表が行われました。さらに、シンポジウムでは、教育委員会、遺族、学校教員、大学教員、文部科学省職員、それぞれの立場から発災時の対応や、震災後から現在までの復興教育や防災教育の取組等の発表があり、これからの安全教育において何が必要なのかについて話し合いが行われました。会場からは、教員を目指す高校から、防災意識の低い地域ではどのような取組をおこなっていけばよいのか、カリキュラム・マネジメントの考え方についての質問もありました。教員を目指す高校生が学校安全に高い関心を持っていることは、頼もしい限りです。

  11月10日(日)、仙台国際センターで開催された「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2019」において、宮城教育大学が「いのちを守る教員を支える教員の防災キャパシティ・ディベロップメント」と題する国際シンポジウムを開催しました。本シンポジウムは、本年4月に宮城教育大学に設置された学校防災の人材育成拠点「防災教育研修機構<311いのちを守る教育研修機構>」の発足記念として開かれました。
  シンポジウムでは、特別講演として、トルコ共和国国民教育省大臣補佐官(防災教育研修担当)トゥバ・ギョクメノール・カラカヤ氏と文部科学省から教員に研修に関する報告が行われました。トゥバ氏からは、トルコにおいて防災教育を推進するため、教員研修に必要なカリキュラムづくり、e-ラーニングを取り入れた教員研修の開発、各地域での指導者クラスの養成と活用などの報告が行われました。討議では、我が国の教員に対する防災リテラシー向上の研修をどう体系化していくかという課題について、会場からの意見も交え、話し合いが行われました。さらに、防災教育研修機構の取組として、学生や現職教員の被災地での研修の様子や新機構の今後の取組等の説明も行われました。

  2つの大学でのシンポジウムに参加して、震災の教訓を踏まえて教員に必要な資質・能力は何か、その資質・能力を身に付けるために何をどのように学ぶのか、そのための大学の役割は何かについて改めて考える機会となりました。大学教育での学校安全の学びがより一層充実することを期待しております。

<宮城教育大学:国際フォーラム「いのちを守る教育を支える教員の防災キャパシティ・ディベロップメント」>

バックナンバー

令和元年11月号

「台風第19号災害について」令和元年台風第19号における被災地域の児童生徒等の就学機会の確保等について/「子供の見守り活動の推進について」令和2年度、「地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業」においてスクールガード・リーダーを増員することとしています。

令和元年10月号

令和元年度「学校安全指導者養成研修」レポート 9月9日(月)~13日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構(通称:NITS)において、「学校安全指導者養成研修」が行われました。

令和元年9月号

「交通安全の取組について」 今年も秋の全国交通安全運動が9月21日(土)から9月30日(月)までの10日間実施されることとなりました。

令和元年8月号

「令和元年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/【令和元年夏休み特別号】「地域ぐるみの学校安全体制整備事業」の追加募集を行います。

令和元年7月号

令和元年度「健康教育・食育行政担当者連絡協議会」レポート 5月30日(木)、31日(金)の2日間、全国の健康教育・食育行政の担当者、約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、学校安全を含む健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

令和元年6月号

「6月の学校安全の取組について」 園児の安全確保について、これまでも格段のご尽力をいただいているところですが、令和元年5月10日付け事務連絡を通して、幼稚園及び特別支援学校幼稚部における安全管理の徹底について改めてお願いしたところです。

令和元年5月号

「5月の学校安全の取組について」 各学校では、「学校安全計画」に基づいて、安全教育や安全点検、職員研修等に取り組んでいることと思います。各学校での5月の学校安全の計画はどのようになっているでしょうか。

平成31年4月号

「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」【改訂2版】発行について 平成31年3月、各学校及び各教育委員会に、改訂した学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」を送付しました。

平成31年2月号

「平成30年度「学校安全総合支援事業」全国成果発表会レポート」 1月31日(木)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、全国の学校安全の関係者約130名が参加し、「平成30年度『学校安全総合支援事業』全国成果発表会」が開催されました。

平成30年7月号

「平成30年安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。/「健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」。6月7日(木)、8日(金)の2日間、全国の健康教育・食育行政の担当者が集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成30年6月号

「熱中症を予防するために」今年は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込みです。暑くなるこの時期は、身体がまだ暑さに慣れていないため、急に暑くなる日などは特に、熱中症を発症しやすいため注意が必要です。

平成30年1月号

「ぎゅっとぼうさい博!2018 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~を開催!」展示もセミナー等もアクティビティも全て倍増してパワーアップ!/「学校安全計画・危機管理マニュアルの策定・見直しについて」学校保健安全法においては「学校安全計画」及び「危険等発生時対処要領(以下、「危機管理マニュアル」という。)」の策定が義務付けられています。

平成29年12月号

全国学校保健・安全研究大会レポート 11月16日(木)、17日(金)の2日間、三重県総合文化センターにて、全国の学校保健・学校安全の関係者約1,300名が参加し、「生涯にわたり心豊かにたくましく生きる子供の育成」を目的とした「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。

平成29年11月号

11月5日は「世界津波の日」です。平成27年3月に仙台市で行われた第3回国連防災世界会議において、我が国では11月5日を「津波防災の日」と定めて啓発活動を行っていることを紹介し、世界中の防災意識の向上のために「世界津波の日」を制定することを提案しました。

平成29年10月号

学校安全指導者養成研修 9月11日(月)~15日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構において、学校安全指導者養成研修が行われました。

平成29年8月号

平成29年安全功労者内閣総理大臣表彰と防災週間(8月30日から9月5日)
毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成29年7月号

「平成29年度 健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。
「急な大雨や雷・竜巻等への対応」急な大雨や台風等による洪水や高波、土砂災害、雷・竜巻等による被害は毎年のように発生しています。

平成29年5月号

「熱中症を予防するために」ゴールデンウイーク期間を皮切りに、既に全国各地で熱中症の被害が発生しています。
「5月は「自転車月間」です! ~被害者にも加害者にもならない~」毎年5月を「自転車月間」として定め、自転車の安全に関するキャンペーンを行っています。

平成29年3月号

「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」の答申を頂きました。児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには安全な環境を整えるとともに、児童生徒等自身に様々な状況下において、自らの命を守る力や安全で安心な社会づくりに貢献する力を育成することが重要です。

平成29年2月号

「ぎゅっとぼうさい博!2017 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」を開催します!/「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」成果発表会について/学校現場で使える防災啓発動画(内閣府制作)について

平成29年1月号

通学路の交通安全の確保の徹底について。登下校中の児童等が被害に遭う交通事故が依然として発生しており、交通安全確保のための取組の推進が必要となっています。

平成28年12月号

本ポータルサイトは本年4月より運用を開始し、内容の充実を図ってきました。この度、全国の学校安全関係者にとって使いやすいサイトを目指し、トップページの構造をリニューアルしました。

平成28年11月号

津波防災に関する意識向上や、適切な避難行動の定着を図るため、11月5日津波防災の日にあわせて、内閣府による啓発イベント「東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~」が実施されます。

平成28年10月号

文部科学省が後援する防災関連のイベントの一部を紹介いたします。
・2016年度防災教育交流フォーラム(開催日:平成28年10月15日(土)16日(日))
・「世界津波の日」高校生サミットin黒潮(開催日:平成28年11月25日(金)26日(土))

平成28年9月号

①熱中症に御注意ください!
今夏も連日猛暑日が続き、全国各地で熱中症の被害が発生しました。
②落雷に御注意ください!
統計から落雷は、7、8月に発生件数が増加する傾向がありますが、年間を通じて発生するものであり、まだまだ注意が必要です。

平成28年8月号

「平成28年 安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成28年7月号

「健康教育行政担当者連絡協議会レポート」全国の健康教育・食育行政の担当者 約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成28年6月号

“職員だより”では、今年度実施する「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」及び「学校安全教室推進事業」を紹介します。