教職員のための学校安全e-ラーニング

この教材について

「生きる力」を育むという学校教育の目標を着実に実現する上では、学校における安全教育・安全管理のより一層の充実・推進を図ることが不可欠です。そのため全ての教職員は、各キャリアステージにおいて必要に応じた学校安全に関する資質・能力を身に付けることが求められます。
本教材は、文部科学省 学校安全資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」(平成31年3月)等をベースに、教職員を志す学生から管理職までのキャリアステージ別に、学校安全に関して習得しておくべき事項を紹介しています。本教材を用いた学習を通じて、学校安全のために必要な資質・能力を身に付け、学校における安全教育・安全管理に役立てていきましょう。
<推奨環境について>
当e-ラーニングをご利用の際は、以下のブラウザ・OSでの受講を推奨いたします。
ブラウザ:Internet Explorer 11 (デスクトップ版)、Microsoft Edge、Google Chrome
OS:Windows 8.1、Windows 10
推奨環境以外でも受講できますが、修了証の印刷にズレ等が生じる場合があります。
また推奨環境でも、ご利用のプリンターやpdf変換ソフトによっては調整が必要となる場合があります。
コース名称
対象者
学習目標
コース選択
基礎研修①〜③
対象者
教職員を目指す学生等
学習目標
  • 学校安全に関する基礎的知識を身に付けている。
コース選択
初任者等向け研修
対象者
教職員となって1年目からおおむね5年目程度の方
学習目標
  • 児童生徒等に、安全教育を実施することができる。
  • 危機管理マニュアルの内容を理解し、マニュアルに沿って行動できる。
コース選択
中堅教職員向け研修
対象者
教職員歴がおおむね6年以上で、各学校園において中堅となって活動する教職員
学習目標
  • 学校安全推進の中核となり、学校安全計画の策定・見直し、危機管理マニュアルの原案作成・改善、各種学校安全活動の企画・調整・評価、校内研修の企画・推進などを行うことができる。
コース選択
管理職向け研修
対象者
管理職、又はそれに準ずる立場にある教職員 リーダーシップを発揮して、校内における学校安全の活動を推進することができる。
学習目標
  • 学校安全の活動推進に当たり、家庭・地域、関係機関等との連携・協働を推進することができる。
  • 事件・事故・災害等の発生時に、的確な状況判断・意思決定を行うことができる。
コース選択