今月のニュース

学校安全に関する全国の取組や、文部科学省からのお知らせなどをご紹介します。

平成30年6月号

職員だより

文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課

熱中症を予防するために

 今年は、全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込みです(気象庁:暖候期予報の解説)。
 暑くなるこの時期は、身体がまだ暑さに慣れていないため、急に暑くなる日などは特に、熱中症を発症しやすいため注意が必要です。
 熱中症は、活動前に適切な水分補給を行うとともに、必要に応じて水分や塩分の補給ができる環境を整え、活動中や終了後にも適宜補給を行うこと等の適切な措置を講ずれば十分防ぐことが可能です。
 また、気温・湿度などの環境条件に配慮した運動の実践や、こまめに休憩をとること、児童生徒等への健康観察など健康管理を徹底することも重要です。

<熱中症予防の原則>

  1. 環境条件を把握し、それに応じた運動、水分補給を行うこと
    暑い時期の運動は、なるべく涼しい時間帯に行い、運動が長時間にわたる場合には休憩を頻繁に入れ(目安は30分程度に1回)、こまめに水分を補給しましょう。
  2. 個人の条件を考慮すること 暑さに慣れていない人、体力の低い人、熱中症を起こしたことがある人などは、運動を軽くするなどの配慮をしましょう。また、運動前の体調のチェックや運動中の健康観察を行い、体調の悪い人は無理に運動をしない、させないようにしましょう。
  3. 服装に気を付けること
    暑い時には、軽装にして、素材も吸湿性や通気性のよいものを選びます。
    屋外で直射日光に当たる場合は、帽子を着用し、暑さを防ぎましょう。

 以上のポイントに注意して、万全の対策を行い、熱中症の予防に努めてください。

 熱中症の疑いのある症状が見られた場合には、すぐに身体の冷却、水分・塩分の補給、病院への搬送等、適切な応急手当等の対応をお願いします。以下の「熱中症の応急処置」(環境省「熱中症環境保健マニュアル2018(平成30年3月改訂)より引用)を参考にしてください。


熱中症環境保健マニュアル2018(平成30年3月)より引用
熱中症環境保健マニュアル2018(平成30年3月)より引用

 政府においては、平成25年度から、熱中症搬送者数や死亡者数の急増する7月を「熱中症予防強化月間」と定め、国民や関係機関への周知等を強化して、熱中症の発生を大幅に減らすよう熱中症予防の取組を推進しています。
 熱中症予防に関する詳しい情報については、文部科学省、独立行政法人日本スポーツ振興センター、環境省の以下リンク先に掲載されている通知、資料をご活用ください。

バックナンバー

平成30年1月号

「ぎゅっとぼうさい博!2018 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~を開催!」展示もセミナー等もアクティビティも全て倍増してパワーアップ!/「学校安全計画・危機管理マニュアルの策定・見直しについて」学校保健安全法においては「学校安全計画」及び「危険等発生時対処要領(以下、「危機管理マニュアル」という。)」の策定が義務付けられています。

平成29年12月号

全国学校保健・安全研究大会レポート 11月16日(木)、17日(金)の2日間、三重県総合文化センターにて、全国の学校保健・学校安全の関係者約1,300名が参加し、「生涯にわたり心豊かにたくましく生きる子供の育成」を目的とした「全国学校保健・安全研究大会」が開催されました。

平成29年11月号

11月5日は「世界津波の日」です。平成27年3月に仙台市で行われた第3回国連防災世界会議において、我が国では11月5日を「津波防災の日」と定めて啓発活動を行っていることを紹介し、世界中の防災意識の向上のために「世界津波の日」を制定することを提案しました。

平成29年10月号

学校安全指導者養成研修 9月11日(月)~15日(金)の5日間、茨城県つくば市にある独立行政法人教職員支援機構において、学校安全指導者養成研修が行われました。

平成29年8月号

平成29年安全功労者内閣総理大臣表彰と防災週間(8月30日から9月5日)
毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成29年7月号

「平成29年度 健康教育・食育行政担当者連絡協議会レポート」健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。
「急な大雨や雷・竜巻等への対応」急な大雨や台風等による洪水や高波、土砂災害、雷・竜巻等による被害は毎年のように発生しています。

平成29年5月号

「熱中症を予防するために」ゴールデンウイーク期間を皮切りに、既に全国各地で熱中症の被害が発生しています。
「5月は「自転車月間」です! ~被害者にも加害者にもならない~」毎年5月を「自転車月間」として定め、自転車の安全に関するキャンペーンを行っています。

平成29年3月号

「第2次学校安全の推進に関する計画の策定について」の答申を頂きました。児童生徒等が学校で生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには安全な環境を整えるとともに、児童生徒等自身に様々な状況下において、自らの命を守る力や安全で安心な社会づくりに貢献する力を育成することが重要です。

平成29年2月号

「ぎゅっとぼうさい博!2017 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」を開催します!/「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」成果発表会について/学校現場で使える防災啓発動画(内閣府制作)について

平成29年1月号

通学路の交通安全の確保の徹底について。登下校中の児童等が被害に遭う交通事故が依然として発生しており、交通安全確保のための取組の推進が必要となっています。

平成28年12月号

本ポータルサイトは本年4月より運用を開始し、内容の充実を図ってきました。この度、全国の学校安全関係者にとって使いやすいサイトを目指し、トップページの構造をリニューアルしました。

平成28年11月号

津波防災に関する意識向上や、適切な避難行動の定着を図るため、11月5日津波防災の日にあわせて、内閣府による啓発イベント「東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~」が実施されます。

平成28年10月号

文部科学省が後援する防災関連のイベントの一部を紹介いたします。
・2016年度防災教育交流フォーラム(開催日:平成28年10月15日(土)16日(日))
・「世界津波の日」高校生サミットin黒潮(開催日:平成28年11月25日(金)26日(土))

平成28年9月号

①熱中症に御注意ください!
今夏も連日猛暑日が続き、全国各地で熱中症の被害が発生しました。
②落雷に御注意ください!
統計から落雷は、7、8月に発生件数が増加する傾向がありますが、年間を通じて発生するものであり、まだまだ注意が必要です。

平成28年8月号

「平成28年 安全功労者内閣総理大臣表彰」毎年7月1日は、「国民安全の日」です。政府は、この日を中心に国民の安全に関する認識の向上、各種安全運動の連携強化等に努めており、安全思想の普及徹底と安全水準の向上に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣総理大臣が表彰することとしています。

平成28年7月号

「健康教育行政担当者連絡協議会レポート」全国の健康教育・食育行政の担当者 約300名が国立オリンピック記念青少年総合センターに集い、健康教育・食育に関する諸問題について、連絡協議を行いました。

平成28年6月号

“職員だより”では、今年度実施する「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業」及び「学校安全教室推進事業」を紹介します。